みずほ食堂 ~創業60年!オハヨー!!中華そば~ @ 大阪市福島区

 2017-02-21
 「全国の皆さん!お早うございます。今日は、大阪市福島区のみずほ食堂さんから、元気に中華そばをお伝えしております。」
 「ここ、大阪福島区のみずほ食堂さんは、昭和32年創業の地元の皆さんに大変親しまれている素晴しい大衆食堂のお店で、朝早いにも係わらず、沢山の皆さんに愛されるお店なんですね」
 「今日は、このみすほ食堂さんから全国の皆さんに、爽やかな大衆食堂の中華そばを、お届け致しま~~す!」
 「それでは、まず、朝の中華そばの唄を、声を揃えて元気にお伝えいたします!!」

  ちゃ~んちゃちゃちゃん ちゃららら ちゃ~ちゃちゃちゃん
  ちゃららら ちゃ~ちゃら ちゃ~ちゃら ちゃ~~ん

   みずほ2


  新し~い朝が来た 中華そばの朝~だ
   喜びに胸を広げ 暖簾を潜れ
   「お待ちどう」の声に 健やかな胸を
   その香る湯気に目覚めよ ソレ イチ・ニー・サ~ン

 
朝からの中華そば
しかも、肩肘の張らない超自然体で頂ける大衆食堂の中華そば

   みずほ1

これが一杯、早朝から用意をして下さってるにも係わらず¥400-ですよ
大阪では、ここ福島区の「みずほ食堂」さんだけが、その食堂系の中で、朝から袋麺ではない本筋の中華そばを頂けると言う名誉を持つ事が許されております
食堂系中華そばファンの一人として、本当に有り難い事です

   みずほ3

「みずほ食堂」さんの中華そばは、所謂、中華そばらしい中華そば
今風の「中華そば」を冠したラーメン店が、いくら足掻いても辿り着けない、深みと歴史があります

   みずほ6

この淵の磨り減った丼が、幾多の人の胃袋を満たし、そして心の奥まで満たしてきた事か
こんな時くらい、朝から出汁巻きと白ご飯とを一緒に頂く贅沢を許してください
だって、この後続々と、美味そうなおかずが冷蔵庫に並べられて行きましたもん


   みずほ15 みずほ17

   みずほ4 みずほ14

その代り、今から出かける播但のお客さんのところで、来年大きい花火を揚げてきたるさかいに
そう心に誓って、腹一杯で苦しみながらお店を後にしました

   みずほ5 みずほ7

   みずほ8 みずほ9

   みずほ10 みずほ11

   みずほ12 みずほ13


この威風堂々の、大衆食堂の暖簾
しかし、日本の食堂は本当に素晴しいですね

   みずほ16

みずほ食堂
大阪市福島区鷺洲2-6-20
TEL 06-6458-0146
営業時間:6:40~14:30
定休日  :土曜、日曜、祝日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

うどん馳走 山石土平(やまいしどへい) ~湖北にある素晴しい孤高のうどん店~ @ 滋賀県長浜市

 2017-02-19
敢えて「孤高」と呼ばせて頂きましたが、関西讃岐うどん巡礼を行った時、一番ハードルの高かった地域は、間違いなくここ滋賀県です
和歌山県や奈良県なんかは、大阪などのうどん文化が微かにながらも抵触している地域で、難しいながらも、なんとかお店に出会うケースがあるのですが、近江の國の場合、なかなかそうはいきません
京都に近い大津周辺などはまだしも、雪に覆われた北國街道がはしる湖北ともなると、そもそもが北陸とを結ぶ蕎麦文化を受け継いでいる人々が、激しく行き来していた地域でも有りますから、うどん店が根付くのには、一筋縄ではいかない難しいところもあります
確かに「のっぺいうどん」などが近年有名となりつつありますが、うどんそのものを美味しく頂く文化とは、また違った形です

しか~し、2年ほど前から素晴しいお店が長浜市に出来たと耳にしてから早や幾星霜
米原までは何回も通過しておきながら、わずか3駅向こうの長浜市までは、足を伸ばす機会が作れませんでした
この日、思い切って東に向かう足を北に向けて本当によかった
だって、噂どおりの素晴しい自家製麺のうどんに出会う事が、出来ましたから



「うどん馳走 山石土平(やまいしどへい)」

   山石土平11

琵琶湖の水際を洗うように聳え立つ「長浜城」の目の前にあるお店です
店内は明るく柔らかい空気で、カウンター席にテーブル席、小上がりの座敷もあり、お店の隣には駐車場も準備されております
カウンター越しに、うどんや揚げ物を調理する姿が、目の当たりに楽しむ事もできます


「舞茸天ざる」

   山石土平1

そして、このゴ~ジャスなうどん
正直、琵琶湖の北岸で、これほど確立されたうどんに出会えるとは、思ってもいませんでした

   山石土平2

この瑞々しい、滑らかで喉越しの素晴しいうどん
見事に、この地域でのバランスを捕らえております
長浜と言えば、地元の方もいらっしゃれば、観光目的の方も沢山おられますので、うどんの力点の置き方ひとつにも、お店の配慮が伺えます

  山石土平4 山石土平10
 
柔らかめのつけ出汁との相性も非常によく、老いも若きも、男女を問わず色んな方々が楽しめる、素晴しいうどんです
見た目も綺麗でしょう


ああそれと、これほど「舞茸天」が肉厚で瑞々しく美味しいうどん店は久方ぶり

   山石土平3 山石土平5

地域の特性なのか、セルフのお店などでは味わえない、揚げたて熱々の天ぷらです
人参も甘くて美味しかった


メニューです

   山石土平6 山石土平7

   山石土平8 山石土平9


スタッフの皆さんも非常に朗らかで明るく、気配りもしっかりとしたお店の雰囲気からして素晴しいお店
もちろん、大将のうどんも素晴しかったです
久方ぶりに遠征でのうどんでしたの、本当に気持ちよく頂く事が出来ました

   山石土平12

   山石土平14 山石土平15

   山石土平16

うどん馳走 山石土平(やまいしどへい)
滋賀県長浜市公園町3-19
TEL 0749-53-4639
営業時間:11:30~14:30
       (金・土 17:30~20:30も営業)
定休日  :木曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

三ツ島 真打 ~感動!!人生初のローストビーフ丼記念日~ @ 大阪府門真市

 2017-02-18

  DON DON DON DON DON’T KNOW 不~思議な胸騒ぎ~

   真打3

あら懐かしや、初々しかった頃憧れだった、河合奈保子ちゃんの唄が、そして、その水○姿までもが、思わず脳裏を過ぎったほど、豊で心揺さぶるDONでした
まさか、うどん屋さんで、こんなに美味しい、迫力のあるローストビーフ丼を頂けるやなんて


   真打1

この鮮やかな赤味のかかった、いかにもと言った高級感を纏った風貌のローストビーフ
迫力のお肉に、この艶やかな赤味のかかった豊穣な鶏卵
見るからに栄養分を含んだ、新鮮な輝きでしょう
先に食べ終えたお客さんが、感嘆の声を大将にかけられてましたが、とにかく濃厚過ぎて、感動の一品です


   真打6 真打4

うどんは言うに及ばず
もう、ビヨンビヨンのビシバシ攻撃
大将自慢の自家製麺の攻撃と、このお肉との組み合わせは、美味さ、ゴージャスさも然る事ながら、「お昼から、こんなんあってええの?」と、逆に不思議な気分にさせてくれます
アンダーサウザントエンというのも素晴しい


   三ツ島真打ひや汁7

   真打7 真打8

   真打9 真打5

このお店でしか味わえないような、栄光のセットでした
生き返るわ~~

「三ツ島真打」
大阪府門真市三ツ島772-3
TEL 072-884-4250
営業時間:11:30~14:30
       17:30~21:00 ※麺切れ終了
定休日 :月曜日(不定期連休あり)

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

かどや食堂 ~あなたはどう呼びます? とん汁派、ぶた汁派~ @ 京都市南区

 2017-02-01
そんな話を先日ラジオで耳にしたものですから、つい、よく前を通るお店に足を運びました
細かい分布はよく分かりませんが、本州界隈は「とん汁」と呼ぶのが多い様で、北海道や九州の北部、鳥取県、滋賀県などは「ぶた汁」と言う名称が定着しているようです

   かどや食堂4

また、ご両親が「ぶた汁」文化圏出身で、そのご家庭で育った方は、地域を問わず「ぶた汁」と言うのが当たり前のようですね
京都では、関西では珍しく、一部地域で「ぶた汁」が定着している様で、もちろん、諸説有りますが、そんな感じなのかな
もちろん、地域だけではなく年齢層によっても、違いは大いにある事でしょう

これもひとつの考えですが、関西は「豚まん」と呼ぶように肉と言えば牛肉を連想し、関東では豚肉が主流のようですが、関西の方に「肉まん」で販売すると牛が入っていると勘違いされる為、わざわざ「豚まん」と分けて呼ぶ事も、何らかの一因かもしれません


早朝6時半
京都は南、西大路九条の交差点近くにある「かどや食堂」さんは、既に多くの方で賑っております
弊社の古参社員さん曰く、昔は、深夜も営業されていたんだとか

   かどや食堂5


看板メニューは、もちろんこれ

   かどや食堂1

   かどや食堂2 かどや食堂3

これぞ真の看板メニューですね
しっかりとした味付けのお汁に、豚肉がゴロゴロです
新鮮なきゅうりの漬け物と、粒の立った白ご飯
そして、程よく焼かれた塩辛い鮭の身が、ターボが掛かるくらい食欲が湧いてきます
なんとて、日本の食卓です


   かどや食堂7 かどや食堂6

   かどや食堂9 かどや食堂8

これもTHE食堂スタイルですが、陳列からお好きなおかずをチョイスして、自分好みの定食で頂く事も出来ます
お昼過ぎれば、もうお店は閉店ですので、ある意味ハードルの高いお店ですが、地元の方々、早朝から現場や職場に向かわれる方達の、心のよりどころなる日本らしい老舗食堂さん
ええなぁ~

「かどや食堂」
京都市南区吉祥院井ノ口町65
TEL 075-661-3807
営業時間:5:30~14:30 (※水曜日のみ17:30~20:30も営業)
定休日  :木曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

うどん亭 瀬戸香 ~平成29年3月11日をもって閉店です~ @ 大阪市阿倍野区

 2017-01-29
悲しく寂しいお話です
大阪の名店が、またひとつその偉大な歴史に幕を降ろされ様としております

   瀬戸香10

今から10年ほど前、当時これまでやや地味で女性客の少なかった関西UDON界に、新しいひとつの風が巻き起こりました
お店の大将はなんと、元アパレル関係のお仕事をされおられたそうで、その業界から離れて、まったく違ううどんの世界へ足を踏み入れられ、関西に於ける、いえうどん界に於けるひとつのスタイルを確立されようと、果敢にチャレンジされます

それは、うどんにビジュアルを求めると言う事
今でこそ、様々な趣向を凝らした、ある意味うどん屋さん離れをしたお店をよく見かける様になりましたが、あの頃、よく言えばうどん屋さんらしいお店が多かったこの世界に、質も兼ね備えながら目でも楽しめ、更にゆったりと寛げる空間を提供されるお店は、そうそうお目にかかれるものではありませんでした

   瀬戸香8

素揚げのバナナや茄子、プチトマトなどがトッピングされた「七彩カレーうどん」は、味も見た目も、そしてうどんを離れた感覚も楽しめる一品
スパイシーなスープカレー風に仕立てられたのも、まさに大将ならではの手腕ですね


この日、飛ぶようにオーダーが入っていた「野菜天」のうどんなども、もう、見た目だけで圧倒されそうで、その分、瀬戸香さんの特徴である、やや細めの清流の様な洗練されたうどんが、静と動、阿と吽、柔と剛とを見事に演出され、そんな風に感じると気品さえも感じる、心から楽しめるうどんとなっております

   瀬戸香2

   瀬戸香3

柔らかい日差しが降り注ぐ、明るく清潔な店内で、堪能させて頂きました

   瀬戸香4 瀬戸香5

   瀬戸香6 瀬戸香7



昨年手術をされた腕の関係で、大変残念ながら引退を余儀無くされてしまいましたが、この瀬戸香さんの流れは、うどん界に於いて間違い無く脈々と受け継がれております
そうそう、大将の山下さんには、「関西極楽さぬきうどん」の製作にも大変お世話になりました

   瀬戸香
   瀬戸香9 瀬戸香11

あと1ヶ月と少し、どうぞ変わらぬ素晴しいうどんをお願い致します
本当に有難うございました

「うどん亭 瀬戸香」
大阪市阿倍野区阪南町1-28-7
TEL 06-6628-1184
営業時間:11:30~14:00(L.O.)
       17:30~20:30(L.O.20:00)
定休日  :月曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-