FC2ブログ

臨機応変の湯だめうどん by はなまる @ 大阪府豊中市

 2011-10-05
20110716112315600[1] 第4回関西讃岐うどん西国三十三カ所巡礼~ホームページ  クリック願います。 201107161121429db[1]

udon fantasista 2011  クリック願います。 


今日、多忙で時間の無い中「名神豊中IC」界隈を北に向かって走行いる時、むしょ~に「釜揚げ」が食べたくなったん。
しか~し残念な事に、この界隈には一忠ファミリーの様な著名な「釜揚げ専門店」はなく、銭形へのダイバートも考えたのですが、これから西方向に向かう為ちょっとたいぎ(方言)。
ちょうど進路に「はなまるうどん」があったので、こちらで頂く事に。


お姉ちゃん 「何になさいましょう?」
雀     「釜揚げの中を。」
お 「有難うございます。麺を湯掻いておりますので10分少々お待ち下さい。」
雀 「あら~10分待たないかんのかぁ~」
お 「申し訳ございません。先程湯掻き始めたばかりですので。」
雀 「時間がないので困ったね~。あ!そこにある湯掻けてる麺で作ってくれてもいいよ。」
お 「しかし・・・(目が若干Swimming )」
雀 「いいよいいよ、その麺で。」
お 「でも~(お店の責任者らしき方を探し出す。)」
雀 「私がかまへんって言ってるんやから。」
お 「はあ~」
雀 「大丈夫、僕がついてるから。」

  湯だめ

臨機応変の対応で頂いた一品。
何年ぶりの「湯だめ」やろ。
言うて、よ~に考えたら去年茨木の「阪急総持寺」食べとりました。

たまにはエエよね~。

     湯だめ3



臨機応変とは・・・

[名・形動] その場その場に応じて、適切な手段をとること。また、そのさま。

これまでの「臨機応変」の活用で一番印象に残っているのが、幕末、寺田屋騒動の時、島津久光が撃ってに向かう奈良原喜八郎に放ったひと言。

寺田屋に集う討幕を目的とした暴発寸前の薩摩藩士らに、鎮撫の討手を向かわせるのですが、奈良原喜八郎や大山格之助といったいずれも武術に優れた藩士を九名選び寺田屋に派遣した際、

「藩命に従わぬ場合はいかがいたしましょう。」

との、奈良原喜八郎からの問いに、島津久光(これが藩主ではないんよね)が放った

 「臨機に!!」

の一言。

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
 ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://suzumeketaro1.blog57.fc2.com/tb.php/1020-538466df
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-