スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

三喜(みき) ~たぶん60年を経た老舗の中華そば~ @ 京都市伏見区

 2014-03-05
ずいぶん前から課題となっていた中華そばのお店に、ようやく訪問する事が出来ました
いえ、この界隈は好きな歴史的施設も多く、有名な酒蔵も多数ある事もあって、よく足を向ける地域でもあったのですが、あまりものさり気無い佇まいに、つい心の中でどこか棚上げにしていたのかもしれません

   三喜中華そば5

お店はカウンターのみの、昭和のラーメン店
高い位置のカウンターに細い四本足の赤い丸椅子が、一層昭和感を盛り上げてくれます

   三喜中華そば6 三喜中華そば7

寡黙なお母さんの口をほぐして伺ってみると、「私が来てから30年くらいになるから、前の姉さんから数えたら、そうやね60年くらいにはなるんかな」
戦後のややこしい頃、屋台をはじめられてからのお店なんだそう


「中華そば ¥500+ライス(漬け物付)¥200」

   三喜中華そば2

お母さんが「よっこいしょ」と言わんばかりに、黙々と作ってくださいました
やわやわの麺に見た目より優しい醤油ベースのスープ

   三喜中華そば3 三喜中華そば4

派手さもこだわりも無さそうですが、それがかえって長年の歴史を経過され、今にも続いている理由のひとつなのかもしれません
身体の中に流れ込んでくるかのような中華そば
美味いです


さらに京都の面目躍如でしょう、ライスを注文した際(たぶんビールも)に出てきたお漬け物の美味しい事

   三喜中華そば1

やや甘味のある歯応え抜群の大根と葉っぱの漬け物
気のせいか白ご飯まで倍加した美味しさとなり、スープのエキスとも合いまじって、猛烈にバクバクと頂いてしまいました
食べ終わると、お母さんが香ばしい熱々のお茶を入れて下さり、残った漬け物と一緒に頂くと、これがまた更に美味しいお茶請けとなります
素晴しいですね


お店は車がやっと1台通れる程の路地奥にあります
ちゃんと暖簾が出ていても、一瞬「開いている?」と躊躇してしまう程の雰囲気

   三喜中華そば8

1本道を隔てた西側には、外環に抜ける広めの道路があり、そちらには今風の派手な看板の「ラーメン・つけ麺」店が有り、お昼時とはいえ行列が出来ておりましたが、果たして60年も続ける事が出来るのでしょうか
商売の奥深さを、考えさせられる静かなお店でした

「三喜(みき)」
京都市伏見区西柳町556-1
TEL 075-623-1993
営業時間:11:30~14:00
       16:30~0:40(L.O.)
定休日  :日曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
 ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://suzumeketaro1.blog57.fc2.com/tb.php/1767-9f7dd744
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。