FC2ブログ

真木食堂 ~ついに訪問!! 念願の真木食堂の中華そば~ @ 愛媛県久万高原町

 2014-03-23
中華そばの神からの、静かな暗示だったのかもしれません

さらに、この神韻の中華そばを頂くまでには、これまでの食旅からは想像もしなかったハプニングと大いなる障害に出くわした事を、どこかでお話しなければならないでしょう
しかし、つまりそれは、もし食堂系中華そばを司る神という存在がいらっしゃるのであれば、我に与えたもうた試練として、また、その先に広がる垂涎の喜びを味わえるという人類普遍のテーマについて、その道を邁進しようとしている私に、讃岐うどんを食べ歩くのと同様、本望の出来事として伝えたかった神意だったのしょう

   真木食堂中華そば2

一体、どのお話に手をつければよいのか
あれこれ悩みましたが、なんとて、ついにこの日がやって来ました

   真木食堂店1


憧れの真木食堂の中華そばです

   真木食堂中華そば4

甘味の強い鶏ガラスープ
これほど控えめに見えて、しっかりと自分の味を強調しているスープは意外や初めての様な気がします
しかし、決して周りとの調和を崩しているのかと言うとそうではなく、「ああ~これが真木食堂さんの味なんだな」と、素直に心身に沁み込む様に受け入れられます
中華そばらしい香りも良いですね

   真木食堂中華そば3

しっかりとしたストレート麺と、この甘味スープのハーモニーの美味しさは、よくぞここまで苦心惨憺の末、足を運んだと、自分を称えたくなってしまいますが、本当にえらいのは、この味わいを長年に渡ってこの地で維持されてきたお店の皆さんと、それを育てたこの界隈のファンの方達
もう、存在そのものがひとつの文化財の様ですね
葱も新鮮でしょう


訪問した時分は、お昼を十分に回った頃
TVではドロドロの愛憎サスペンスドラマの再放送をやっていた時間帯で、お客さんは私ひとり
(TVはどうやらクライマックスシーンらしく、初老の女優が”私を憎んで~お願いだから憎んで~”と絶叫されていた

   真木食堂店5



子供の頃、初めて食べた「中華そば」が、須田の商店街にあった、今でも名店中の名店だと確信している「たけちゃんの食堂」こと「渡辺食堂」の中華そば
大衆食堂らしく、鶏ガラベースの穏やかな一品で、田舎風のゴテゴテと飾った野暮ったいのとかではなく、場末の間に合わせの様な一品でも決して無く、丁寧にスープを取った柔らかい甘味のある、本当に美味しい中華そばでした

   真木食堂店6

当時、外食すること自体が稀な讃岐の片田舎の人達にとって、自炊以外の食事を頂くなど、特別な来客があるか誰かが病気になるか、さもなければ冠婚葬祭でも起きない限り、殆どありえない事でしたが、反面、そんな場合でも、気の利いたお店が点在している訳でも無かったので、せいぜい大衆食堂の一品をお店で頂くか出前で取るのかが当たり前
その分、ご近所のお店とは言え、岡持ちから出されてくる料理のひとつひとつが、まるで宝石の様に輝いているかの様で、自宅との味付けの違いや盛り付けの丁寧さに、目から鱗が落ちる程の驚きと喜びを感じておりました
特に洋食系のチキンライスやオムライスなどを頂く時の、白いナプキンに包まれたフォークやスプーンの存在
また、色鮮やかに銀色のお皿に丁寧に盛られて出てくるその姿
プ~ンと立ち上る、ケチャップとバターの仄かな香り
自宅で出てくるのと違って、ご飯がちっともベチョリともしていない炒め具合
さらに、外せないのが大振りで三角の形をした、優しい甘さの「きつね寿司」
そしてそして、珠玉は何と言っても先にも紹介した「中華そば」
もう、このたけちゃん(正式名称:たけこさん)の中華そばが、私の心に根付いた標準の美味い中華そば

   真木食堂店4

小学生高学年だったか中学生の初々しい頃だったか、たけちゃんのお店がもう今日で終わりだよという日
名残を惜しみ思い出を掻き込むように3~4杯たらふく頂いた事が、未だ忘れられない記憶として残っております
思えば、今の食堂系中華そばを辿る日々も、どこか「たけちゃん」の中華そばを捜し求めているのかもしれません


ひとつは見つかりました
当ブログで何度も紹介させて頂いている、関西Queenの中華そば店、明石の「泉屋」さん

     泉屋中華そば

そして、ついに出会えたもうひとつKing of 中華そば
つまりは、真木食堂さんの中華そばです



しかし、先にも打ち明けました通り、簡単にここまで来られたのではありませんでした
この日、愛媛県のお店を複数店訪問すべく、数ヶ月前から万端の準備を終え、後は出発を待つばかりとなった旅立ちの早朝
出発前にTVをつけると、にゃんと愛媛県で震度5強の地震が深夜に発生したとの報
滅多に地震など発生しない地域で、このタイミングでの大きな地震発生に、慌てて各地の情報を調べてみましたが、幸いに死者もなくライフラインなどにも大きな支障は出ていない模様

さて、早朝6時、気を取り直して自宅を出発
7時40分頃に関西空港第2ターミナルに到着すると、ピーチが飛ぶ国内線出発窓口は異様な雰囲気です
「?」な気分で搭乗手続きを済ませようとすると、係員の女性がこちらにやって来て
「お客様は松山にご出発の方でしょうか?」
「ええ」
「申し訳けございません。松山行きは機材のやり繰りの関係で、本日の出発は8時15分から13時10分に変更となっております。」

   「え、えええ~~!!

話を聞いて調べてみると、前日、松山を夜遅くに出発する予定だった機材が、松山空港営業時間内に出発する事ができずそのまま足止めとなった為、本日出発予定の飛行機で、関西空港に居るはずべきの機材が準備できていないんだとか
「でも、地震もあった事ですから、家を出る前に運行状況をホームページで調べてきたけんですけど、そんな案内は一切ありませんでしたよ。」
と問質すと、ホームページに告知を出したのが朝の7時頃だったとかで、私ゃその時間は、もう関空到着一歩手前で南海電車に乗車中なんやで
前日からわかっているのなら、それくらいの情報提供サービスは、値段の高い安いとは関係なくスムーズに出すべきでしょう

待合室のベンチに座って悩む私
もうどうしようもなく旅をキャンセルするか、このまま待つのかしばし逡巡
昼から出発しても、元々日帰りの予定やから、訪問できるお店はせいぜい1~2軒
しかも、地震の影響やら臨時休業などあれば、全滅の恐れもあり
しかし、そんな状況下でも私の心中では
「いや、やっぱり真木食堂だけは行ってみたい!」
という気持ちがムラムラと擡げてき、最早どうしようもありません
そんな気持ちから、そこからや矢も盾もたまらず真木食堂にお電話
穏やかそうな男性の声で、幸い地震の影響も無く、通常通りに営業されるとの事でしたので、いざこれから関空で5時間程待ち、13時のフライトで松山に飛び立つ事にしました

移動で借りた「ニコニコレンタカー 松山空港東店」のスッタフさんの応対がこれまた素晴しく、出発前のゴタゴタも吹っ飛んでしまいました

   真木食堂店7

   真木食堂店8

そんなこんなで、お店がある久万高原の空は、綿の様な雲が所々に浮かび青々とした空が広がって、ハンドルを握る気分も爽快でした



さて、ここで長年の疑問に終止符を打つ事に
同じ疑問をお持ちになった皆さんも多いかと思いますが、ここ真木食堂さでは、道路に面した表の看板には、墨痕淋漓に「真木食堂」と鮮やかに記されております

   真木食堂店2


と~ころが、お店に入ろうと入り口に掲げられた純白の暖簾に目を移すと、そこには「辻仲食堂」と違う店名の文字がこれまた鮮やかに

   真木食堂店3

むむ・・・ひとつに食堂にふたつの店名??
さてさて、その真相や如何にや如何に~(刈萱の関も閉ざさず・・by 高山の彦ちゃん)

ふう~
おっとりとして明るく素敵なお母さんに、お店の名前がふたつある理由を伺うと、ゆっくりとした口調で楽しく語って下さいました
にゃんと、こちらのお店の本当の名前は、元々は「辻仲食堂」と名乗られていたんだとか・・・
それを証拠に、この界隈の古い古い常連さん達(戦前、戦中、戦後スグ派)は、今でもお店の事を「辻仲さんの食堂」と呼んでいらっしゃるんだそう
しかし、ここでキーワードなのが、古い常連さんと言う事ね
つまり、こちらの中華そば道40~50年という方々の口には、未だ「辻仲さん」の愛称が口に登るんだそう

お母さんが訥々と語って下さるには、「真木食堂」と名前が改まったのが今から約30年程前の事
つまり、どう説明したらいいかな
日本が戦後の高度経済成長の最盛期をやや通り過ぎ、外国からは円を弄ぶ様なプラザ合意を無理矢理押し付けられて、否応でもインフレと夢と幻のバブル景気に突入してしまう頃からのお客さん達は、「真木食堂」さんで通用されているんですね
ま、この界隈ではプラザもバブルも、あまり関係はなかったかと思いますが

お店の先代様が、まだまだご健在だそうで、その頃からの常連さん達も沢山お店にいらっしゃる事から、「辻仲食堂」という名前は健在であり、現大将、女将さんが培ってきた「真木食堂」という名前も、確かに「食堂系中華そばのKING」のお店として、この地に健在なんだそうです

流石に、お話を聞かせて頂くのに、いつも以上に緊張を致しましたが、そんな、大阪から一杯の中華そばを頂きに来た私を労って下さったのか、帰りに御大将からお土産のコーヒーを頂きました

   真木食堂店9

これまた、よく冷えて胸に沁みるほど美味しかったです
次に会えるのは一体いつの日の事でしょう
おいそれと足を運ぶ事の出来ないところなので、多分簡単にはお会いできませんでしょうが、いつもでもお元気で美味しい中華そばをお願い致します

また、いつか・・・

「真木食堂」
愛媛県上穴浮郡久万高原町上野尻60-2
TEL 0892-21-1371
営業時間:11:00~18:00(スープが無くなり次第閉店)
定休日  :水曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
 ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
雀さんの熱い文章に涙しました。真木食堂、大好きです。実は今日、松山から高知への移動で前を通ったんですが、15時すぎでまたまだ売り切れ閉店。これで何連敗か…。でも今日は同じ久万高原の「心」でうどんを食べられたので、まだ救いがありました。
【2014/03/24 22:02】 | 鈴丸 #/3WEEAIQ | [edit]
次の機会は、是非オレンジフェリーでお越しを
食堂中華そばご案内しますよ
【2014/03/25 22:30】 | ど #- | [edit]
>鈴丸さん
鈴丸さんの真木食堂の記事を拝見する度、なんとも羨ましい人生を歩まれているものかと、常々感じておりました。
それにしても、美味しい中華そばですね。
大将と女将さんの和やかな空気も最高でした。
いつかまた、再訪を期したいと思います。

「心」は逆にギリギリ閉店でした。
残念です。
【2014/03/26 16:34】 | 詫間の雀 #NMgcaBO6 | [edit]
>どさん
お久しぶりです。コメント有難うございます。
それはもう、是非是非六甲アイランドから出発したいと思います。
今治、西条付近を縦断的に攻めてみたいですね~。

逆にピーチで、是非関西までおいでませ~~
【2014/03/26 16:37】 | 詫間の雀 #NMgcaBO6 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://suzumeketaro1.blog57.fc2.com/tb.php/1780-d23962ec
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-