釜揚げうどん でん ~三度美味しい神戸の新しい釜揚げうどん ~ @ 兵庫県神戸市

 2014-12-15
11月20日、神戸にOPENしたお店の新店情報です

   でん店1

これまた新しいスタイルと言うか、ある意味神戸らしいうどん店が誕生しました
スタイルとしては、「釜揚げ専門店」って言っていいのかな?
兎に角、釜揚げうどんを従来のスタイルではなく、仕掛けを2つも3つも兼ね備えて関西うどん界に飛び込んできたうどん店です

今、固定化されている業態に於いて、「維持する」、「変化する」、「既成概念を打ち破る」と言った、非常に難しいテーマに対して、更に「お店のアイデンティティを明確にする」と言った、複雑な要素を兼ね備えないと、師匠の看板とか、あそこのお店の流れだけとか、○○専門店だけでは、成り立ちがたい時代となっているこの業界
そう言う意味でも、お店の特色を出そうとする意気込みが、非常に良い意味で伝わってくるお店でした


お店はWINS神戸のすぐ近く
間口一間ほどの広さで、一階が製麺所、二階がカウンターだけの飲食スペースとなっております

   でん店4 でん店5


早速、三度美味しいと言われる噂の「神戸うどん」を頂きました
この神戸うどんの楽しみ方は、ご覧の通り

   でん釜揚げ1

   
まず、温められた徳利に入っている御出汁を、半分ほど注いで、普段のの釜揚げスタイルで半分ほど頂きましょう

   でん釜揚げ2

   でん釜揚げ5 でん店6

おお、御出汁は結構な甘めです
この意識した甘さは、何やら後半戦の頂き方に、秘密が隠されているのでしょう
うどんの器には、通常の釜揚げの様に、熱々のお湯にうどんが浸っているのではなく、昆布でとったお出汁がはられており、ごく微かではありましたが、鼻腔に柔らかい昆布の香りが流れてきておりました
これまた、何やらの意図を感じますね

うどんは細麺ですが、しっかりとしたコシのあるうどんで、釜揚げでありながら、きちっとしたエッジが立っております

   でん釜揚げ3

甘めのお出汁とも、良い相性ですね
また、薬味の葱が業務用のカット物でないのが、素晴しい
こと、ざる系、釜揚げ系のうどんに於いては、あの業務用のカット葱を使っては、どうにもなりません



さて、半分ほど頂いたところで、次はつけ出汁の中に生卵を入れて、釜玉風に頂きましょう
この生卵が大分県産の「蘭王」と言われる黄身の色の濃いプリプリの卵で、濃厚な味わいが特徴のブランド品

   でん釜揚げ7 でん釜揚げ8

甘めのつけ出汁にうどんが絡んで、まるで「すき焼き」風に、うどんが楽しめる仕掛けになっています
やや難を言えば、少し温く(ぬるく)なったつけ出汁に、冷たい生卵加えての釜玉風は、少し難しいところがあるのかな
一忠一門の様に、大きな熱々の出汁徳利で頂くか、新たな熱いお出汁に変えて頂くかの工夫が必要の様です
ラーメンで言う「つけ麺」と同じ弱点を持っています


さてさて、最後3度目の楽しみ方
最初から提供されている神戸名物の「ぼっかけ」

   でん釜揚げ4

この「ぼっかけ」は、最初からうどんのアテとして頂くのも良し、この3度目の為にキープしておくのも良し
但し、このすじ肉は、普段神戸で頂く「ぼっかけ」より、かなり薄味に仕立てられております

最終の食べ方として、残ったうどんの器に、このお肉を乗せ、徳利に入ったお出汁をトクトクと注ぎます

   でん釜揚げ9
  
先にも言いましたように、ここにはられているのお湯ではなく、昆布で取ったお出汁
そうです、最後はうどんを釜揚げ風に楽しむのではなく、神戸名物「ぼっかけうどん」として頂くのが仕上げなんです
これまた、時間との戦いが残されているとは言え、うどんとしてのクオリティは高く、心底「ほう!」と唸った新しい一品でした
新しいスタイルのお店として、かなり試行錯誤され頑張っておられる姿が、目に浮かぶ様です


さ~らにさらに、これで終わったのかと言うと、そうではありません
最後の最後の締めに、温かいご飯が運ばれて参りました

   でん釜揚げ11

そうです、残った甘めのつけ出汁をこのご飯に注いで頂こうと言う、最近流行の「しめ飯し」という奴です
これがまたね~、ゴージャスと思えるほど美味しかったんだ
なんでしょう、日本人はすき焼き風で頂く事を喜びを感じるDNAが、潜在的に残されているのでしょうか
甘めのお出汁と白ご飯との相性は、得もいえない美味しさが残されております

   
3度目で頂いた「ぼっかけ」を少し残しておいて、この締めで頂くのも大いに有りと思いました
これだけのうどんが¥910(税込)で楽しめるんだから、うどんファンとしては見逃せない、本当に創意工夫、試行錯誤の道が伺えるお店でした



   でんメニュー1 でんメニュー2

若き大将は、香川でうどんの勉強をした際、観音寺の「安並」のうどんに非常に感銘を受けられたという事で、この細めのうどんにも、非常に力を込められている足跡が伺えます


まだまだ、変化をつけて生きたいという大将
これからこのスタイルが、どういった風に神戸に根付いていくのでしょうか

   でん店3 でん店2


この界隈は非常に残念な事に、大好きだった民藝さんが閉店されたところではあるのですが、少し目を広げると、すずめさんゆうしょうさん吉家さん喰らうどんさんなど、草々たるお店が集まっているところ
今後、足を運ぶ機会が新しく出来そうです

   でん店7

すぐ近くに「WINS神戸」があり、この日は大きなレースの開催日という事で、昔で言うなら赤鉛筆を耳にした様なおじさん達が、それこそ朝から間断なく行き交うところ
いや、美味しいうどんを頂く事ができました

釜揚げうどんの店 でん
神戸市中央区元町通り2-9-1 115B
TEL 078-322-1029
営業時間:平日 7:00~売切れ次第
       土・日・祝 11:00~売切れ次第(金・土 24:00まで営業)
定休日  :不定休

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

 
食べ歩き ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://suzumeketaro1.blog57.fc2.com/tb.php/2006-24e26c2f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-