FC2ブログ

一休 ~圧力釜で頂く魅惑の食感うどん~ @ 京都市伏見区

 2015-03-20
一見、穏やかで民芸調に見える佇まいに、心を許しながらお店に伺ったのですが、昔には気付かなかった厨房の壁に設置されている、オムロンのタイマー付操作盤に、思わずドキ!としてしまいました

   一休店1


こ、これは・・・
あの関西どころか日本のTOPを行く超人気店「楽々」さんのお店に有る操作盤と、機器の配置から、納められているプラBOXまで、私が見積もりしても、寸部の違いも無いくらい同じ金額でそろばんを弾ける同一品ではないですか
事の真意を確認すべく、うら若きおばさん三人のお店で、無用な警戒を起こさせない為、最初の会話は非常にライトな切り口から入り、いよいよ専門的な話に切り出そうとした時、向こうの美女軍団のほうから「圧力釜」のお話が出てまいりました
ま、営業活動中には良くある事です


「狐きんぴらぶっかけ ¥1,100-」

   一休ぶっかけ1

とにかく驚いたのが、圧力釜で湯掻いて冷水で締めたうどん
表面は柔らかく、ひと口歯を立てると、スーっと進入を許すのですが、さあこれからがどうして!

   一休ぶっかけ3

茹で不足とかの固さではなく、小麦の味わいがしっかりとしたガッシリなコシのうどんが登場して、圧力釜でこんな食感が残せるんだと、思わず目をパチクチとしてしまいました

   一休ぶっかけ2

はは~、こんなうどんがあったんだ
私自身、初めての食感です
また、この大量に盛られたきんぴらが、食感もシャキシャキな上に、甘辛く仕立てられていて美味かったんだ!!
価格帯はともかく、これは面白いうどん店ですね


メニュー

   一休メニュー1 一休メニュー2

注文の仕方が少々分かりづらいので、お店の方に素直に聞いてからご注文下さい
その分、常連さんに人気のお店なのかもしれませんね

店先に綻んでいた梅の赤が、これまたお店の雰囲気に春の装いを添えているかの様で、素敵でした

   一休店2 一休店3

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

 
食べ歩き ブログランキングへ

本格手打ちうどん 大河 ~Happy Happy 年明けうどん~ @ 京都市伏見区

 2015-01-02
今年最初の一杯は・・・
新しい年を寿ぐ「年明けうどん」で

   大河年明けうどん1

前日の雪が大量に残り、凍りついている路面をゆっくりと踏みしめながら、お店に着いたら午前10時
そう、先に伏見稲荷大社に初詣に寄せて頂いたのですが、雪の所為か参道も人が少なく、あっという間に参拝できたので、その足でお店に向かったら、こんなに早く着いてしまいました

   大河年明けうどん10

   大河年明けうどん5 大河年明けうどん9


しかし、冷えた身体を芯から暖めてくれる熱々のお出汁に、大河独特の滑らかなうどん
さらには、海老天、揚げ餅、若布、梅、はじかみなど具沢山

   大河年明けうどん2 大河年明けうどん3

美味しかったな


今年のUDON生活の良いスタートを切る事が出来ました

   大河年明けうどん4

今日を含め明日から2日間(1/3~1/4)は、正月限定メニューでの営業となるそうです

   大河年明けうどん6 大河年明けうどん7

   大河年明けうどん8

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

 
食べ歩き ブログランキングへ

本格手打ちうどん 大河 ~美味しかった!ピリ辛温玉坦々つけ麺~ @ 京都市伏見区

 2014-12-07
自宅から車を10分も走らせれば、こんな素晴しいうどん店があるのに、そんな事も知らずに露知らずに人生をプイっと過ごしてきた、今ドキッ!としたあなた(お尻(おいど)が大きい)
今日は、あなたの盲を解いて進ぜましょう

近鉄&京都市営地下鉄から十分すぎる徒歩圏内
ここ大河は、あの「るみばあちゃん」の最後のDNA引継ぐお店

   大河坦々9



この日頂いたタイトルにも書きました「 ピリ辛温玉坦々つけ麺」が、腰を浮き上がるほど美味しかったんだ

   大河坦々1

普段は、あまりうどんの派出系のメニューを頂かない私が、雨のせいか仕事のせいか、つい普段頂かないうどんを食べてみようという気になったのですが、これが見事に大当たり

滑らかなうどんに、程よい辛味の坦々

   大河坦々3 大河坦々6

非常に相性が良く、どちらが強くも無くどちらを損なうものでも無く
ゴマの香りとクリーミーなコクが相俟って、身体の芯まで伸びてしまう様な一品です
途中で、温泉卵をRIDE ON
これまた、程よい甘味が加わり更に美味しさが倍加
通常のつけうどんが、二につも三つにもなる顔を持っているかのようです

   大河坦々5 大河坦々4



そして、驚いた最後の「あとめし」

   大河坦々7

残った坦々にご飯をぶっ込むのも良し、ご飯に掛けるのも良し
坦々をご飯と一緒に頂いたら、こんなに美味い丼になるとは、夢にも思っていませんでした
坦々の旨味もそうですが、ミンチの存在が美味しさが非常に引き出しております
これは、鮮やかな発見
私の方が盲を解かれてしまってますがな
辛い物系の鍋の後、麺類で締めるのも良いですが、ご飯も有りだと言う事を、まざまざと思い知らされた感じです



   大河坦々11 大河坦々12

まだ、週1回ペースでのリリースの様ですが、常メニューとなったら心強い代表メニューとなるのではないでしょうか
いや、今後が非常に楽しみです

本格手打ちうどん 大河
京都市伏見区深草西浦町7-45-1TEL 075-641-4877
営業時間:平日 11:30~14:30 18:00~21:30
       土日祝 11:30~14:30 
定休日 :火曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

 
食べ歩き ブログランキングへ

八光軒 ~中華うどん再び~ @ 京都市伏見区 

 2014-12-02
あはははっ
パッと見た目は、まさかうどんやとは思えへんでしょ

   八光軒中華うどん5

並々に注がれたスープ、豚骨系のアッサリ味で、少し甘味のある美味しいスープ
しかし、中身は
U・D・O~~N (※映画「UDON」の江守徹風~で)

   八光軒中華うどん1

お店の前を通るたび、「この次ね」「この次ね」と、お店の真っ赤なテントに話しかけていたのですが、あっという間に数年が経過してしまいました

   八光軒中華うどん2


相変わらず嬉しい「ゆで玉子 1個無料」のサービス
白いごはんと漬け物が良く合います

   八光軒中華うどん4 八光軒中華うどん6


そうそう、向かいお兄さんは「スープ濃い目」ってお願いしておりました
へ~そんなオーダーの仕方が出来るんだ
八光軒さんは、トラックドライバーの方に大変人気のようです
トラックドライバーさんと言えば、タクシードライバーさんと並んで、昔から言われるように美味しい店を知っている方々ですので、その人気の高さは、折り紙つきですね

「八光軒」
京都市伏見区納所岸ノ下24-10
TEL 075-631-9796
営業時間:10:00~14:00(※麺切れ終了)
定休日  :日曜日、祝日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

 
食べ歩き ブログランキングへ

手打ちうどん 艮作 ~昼酒OK!!マルチロールな美味手打ちうどん店 @ 京都市伏見区

 2014-05-26
まったく、心の底ではどこかこんなお店を待っていたのかもしれません

   1.美味しい手打ちうどんが食べられる
   2.時間帯を気にせず、お酒が気軽に飲める
   3.肩肘を張らない、それでいて豊富で安価なアテがずらりとラインナップされている


そんな欲張りなキーワードを、論理式の「OR」ではなく「AND」で満たしてくれる、なんとも素敵なお店に出会う事が出来ました
まさに、平成のゼロ戦「F-2」にも似たマルチロールな手打ちうどん店です

   艮作店1


まず、艮作 さんの素敵なところはお店に入ると最初に出会う、美味しそうなおかず達

   艮作店7 艮作店3

   艮作店4 艮作店2

   艮作店5

一品¥150くらいLightな物から、新鮮なお刺身まで、そのラインナップは最早手打ちうどん店の域を大きく超えております
その筋(酒飲み)の方達なら、もうこれだけで諸手を挙げて喜んでしまう事でしょう
これだけのおかず達を毎日用意されるのは、手打ちうどんのお店として、よほどお客さんの循環が無ければまず不可能な事


だから、うどんを頂く前に、こんな息抜きが出来ます

   艮作酒1

あ、そうそう!、お店の広さは結構な大箱で、スポーツ新聞などもしっかりと用意されており、ここまでの話だと、まったくの大衆食堂って感じ
そのはず、こちらのお店は昼中の休憩は無く、11:00の開店から閉店まで、通しで営業されている利用しやすいお店でもあります


更に、このメニューの数々
目移りする程、素晴しい

   艮作メニュー1 艮作メニュー2

   艮作メニュー4

オリジナルなメニューも沢山あります


そして、なんと言っても肝心の麺
うどんも蕎麦も、そして黄そばまでもが全て自家製麺という、これまた関西の手打ちうどん店の中では、異能ぶりと言うか、かなりのマルチロールな実力を発揮されております

ファーストコンタクトの時は、ざるの細麺で頂きました

   艮作ざるうどん2

透き通ったうどんは、若干捩れが入り喉越し歯応え、そして瑞々しさと文句のつけようがありません
なんとて、この古風なざるの器が目を瞠ります

   艮作ざるうどん1

こちらのお店の実力を垣間見るその一端は、うどんは「太」と「細」の選択が出来き、さらに、量の加減まで自由な事

   艮作メニュー3 艮作ざるうどん3


また、大好きな「黄そば」をこんな風に「冷やし」で頂く事も出来ます

   艮作冷やし黄そば1

お店の方曰く、「中華麺は冷たいメニューで食べるように作ってあるので、けっこうしっかりとした食感で食べられますよ」との事

   艮作冷やし黄そば2 艮作冷やし黄そば3

私の知りうる限りでは、関西で黄そばをこんな風に、「冷」の常設メニューで頂けるのは、京都ではここ艮作さんと三条通りの冨美屋さん
大阪では手打ちうどん きぬやさんくらいかな
なんとて、キンキンに冷やされた黄そばの食感と、若干ゴマ油の効いた酸味のあるつけ出汁との組合せが何とも言えず爽快でした


そして忘れちゃいけない、こんなお店では欠かすことの出来ない、うどん店の「ちらし寿司」

   艮作ちらし寿司

こちらのお店をパーフェクトにしたのが、この陳列から自由に取れる「ちらし寿司」の存在です
四文字熟語で表せと言われれば、まさに「痛快無比」
地元店らしい、気軽で愛想の良いお店の店員さんまで含めると、何から何まで、クオリティの高さが関西では希少な存在のうどん店さんです

まったく、今迄にお目にかかった事の無い様なスタイルの手打ちうどん店
もし、気軽に通える範囲にあったら、どれだけのメニューを制覇しているのか、そら恐ろしい気持ちになってしまいました
でも、でも近くにあったらなあ・・・

   艮作店6

そうそう、 艮作さんの「 艮(ごん)」の文字は、八卦の基本図象のひとつなんですね

「手打ちうどん 艮作」
京都市伏見区深草善導寺町3-29
TEL 075-602-4156
営業時間:11:00~23:00
定休日  :月曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
 ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-