居酒屋 三白 ~もうすぐ10才さんのもうすぐにでも行きたかった居酒屋~ @ 香川県丸亀市

 2017-01-02
我が讃岐うどんの聖地巡礼における盟友「もうすぐ10才」さんが、丸亀の駅前でにゃんと居酒屋を始められたと風の便りを耳にして
ほな、開店のお祝いに行こうかとスケジュール手帳を繰ってた時(苦笑)、ようようお店情報を見たら平日しか営業してないやないの!!
関西のうどん巡りもままならない、現在京都勤めの私にとって、光速エスパーの輝く強化服(カッコイイぞ~ )身に纏っても、あまりにもハードルが高すぎる

   三白店1

   三白店2 三白店3


しかし、着ちゃいました
しょうがない、しょうがない・・・
かつて讃岐のお店を関西の強者、讃岐の古豪達と共に巡ったあの頃のご恩に報いるべく、そして第1回関西讃岐うどん巡礼~の達成者パーティーにも、わざわざ讃岐からご足労頂いた感謝の気持ちも合わさって、もうどうしようも無かったんよね
(ほんだら、開店して半年以上も経って訪問とは、じょんならんの~!と言う言葉には耳を貸さない)


   三白つけ麺1

ははは、お店のドアを抜けると、いきなりせんさんとご対面~
いや、神様のお導きですね
この日は、SPECIALの「つけ麺」を一緒に頂く事が出来ました

   三白つけ麺5

   三白つけ麺2 三白つけ麺3



何より嬉しい事が、瀬戸大橋の開業以来、私の子どもの頃の記憶の風景が見る影も無く寂れてしまった丸亀駅前に於いて、昼飲みが出来るお店が、そぞろ復活した事

   三白店内2 三白店内1



メニューです

   三白メニュー1 三白メニュー2

   三白メニュー3 三白メニュー4

しかも、一品達の価格が、ほぼ¥300~¥500と、とってもリーズナブルで、その上どれも美味しい!!
料理のほかにも、香川の歴史に触れられる様な、写真集だとか資料が取り揃えられております
こんな形で、10才さんなりに地元丸亀の形を記憶を残されようとしているんですね



この10才さんのうどんも、川鶴の徳利も、なんか丸亀っぽくて素敵だったな~

   三白つけ麺4

「居酒屋 三白」
香川県丸亀市浜町3-11
TEL 087-763-0022
営業時間:14:00~22:00
定休日  :土曜日、日曜日、祝日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

谷川米穀店 ~雪降る谷米でゆったりと雪見釜たまだよ~ @ 香川県

 2017-01-01
谷川米穀店
通称「たにべえ」
4~5年振りに車を走らせ到着した谷米さんは、薄っすらと雪化粧で迎えてくれました
そうそう、一度走った道って、なんか憶えてるもんなんやね

   谷米6

   谷米10


あれは、平成になってちょっと経った時、ある一冊情報誌を頼りに、商社の方と車を走らせたのが始めての出会い
あの頃は、お店近くのあのガソリンスタンドも元気に営業されてました

   谷米1


超人imoさんは、讃岐から見た峠の向こうの徳島から徒歩で訪問したと言う、谷米史上最初に足を使ったうどんツアーを実現させたのも、今では素晴しい思い出です


讃岐うどんの原風景のひとつです

   谷米7 谷米8

   谷米5

変わらず、心落ち着くうどんでした

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

まごころ(宮武讃岐製麺所) ~早朝より頂く讃岐うどんの地元の底力~ @ 香川県丸亀市

 2016-07-03
「2016年 関西うどんグランプリ 〜ひやかけ編〜」  さあ!ひやかけを頂きましょう

朝の5時半
こんな時間でも、ジリジリと夏の日差しが皮膚に突き刺ってくるかの様な、灼熱の一日を予感させる朝
あら~昨日のお酒の余韻が、まだ少し残ってるかしら

そんな朝にこそ、足を運んででも食べたくなるうどん
日本全国の他所のうどんには無く、これぞ讃岐の底力


「モ~ニング冷やしうどん」

   まごころ2

冷水で締めたうどんを、更に氷水の器にさらす

   まごころ3

捩れのあるうどんが、まるで微笑んでいるかの様
良く冷えたコシのあるうどんと、讃岐独特のつけ出汁
葱を多めに、生姜を少し
なんと、朝から食欲をそそる一杯なんでしょう

朝からそこここの人々が、お腹を満たしている風景
そして、この巨大な器も讃岐ならでは

   まごころ6 まごころ4

   まごころ1 まごころ5

最近、讃岐の新店のうどんが、どうも画一的で個性を感じる事が出来ない今日この頃
こんなところに、ある意味原点を見たような気がします


讃岐うどんへの道のりは、まだ遠いなあ

   まごころ7

まごころ
香川県丸亀市蓬莱町55-3
TEL 0877-24-3377
営業時間:6:00~18:00
定休日  :無休(元旦のみ休業)

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

かじまや ~合言葉はサムソンの向こう~ @ 香川県観音寺市

 2016-04-24
「2016年 関西うどんグランプリ 〜ひやかけ編〜」 参加店舗募集中です!

今になって考えれば、大人になって韓国の「SAMSUNG」という巨大メーカー名に、何の抵抗も気後れする事も無く、スッと受け入れる事が出来たのは、観音寺の巨大ボイラーメーカー「サムソン」のお陰だった事に今頃気付きました
我が故郷で、観音寺方面に勤めている人は、必ずカト吉か、ここサムソン、女性の場合だとちぬや食品が殆どでしたからね
詫間からだと、11号線を通らずに加嶺峠を越えて(おばけが出るトンネルが有って、詫間駅から自転車で仁尾に帰る後輩のY本言うたら、ひとりでよう帰れんようになった )、仁尾から有明ビーチを通って海岸線に行くのが常套手段なので、サブタイトルの「サムソンの向こう~」ではなく、手前だった事にも今気付きました

   かじまや8


そもそも讃岐うどんというものは、その頂き方がまさに縦横無尽
決まった型にはまらないのが、大きな魅力のひとつですよね
しか~し、この「冷やしうどん」 という一杯については、器に拘って欲しいとものだと、ついつい思ってしまいます

   かじまや1


かじまやさんと言えば、私の中ではまず「冷やしうどん」ですね
子どもの頃に、おでん一緒に食べた記憶とともに、大人になってうどん巡りを始めた当時の記憶が、今更ながらに甦って来ます

   かじまや4

   かじまや6 かじまや2

しかし、久しぶりにテーブルに置かれたそれを見て、一瞬うどんはクリスタル、つけ出汁はの器は黒い陶器のソレに変わったんやと思ったやないの!

関西に少なくて讃岐にはあるもの、それは私の大好きな「冷やしうどん」
何と言ってもこの清涼感
子供心にうどんの中でも何か特別な、家族で出かけたときでないと食べる事のできなかった、晴れの日のうどん

お店は、変わらず地の讃岐うどんの風景が存分に味わえます
うずらの卵は、この日は置かれておりませんでした

「かじまや」
香川県観音寺市室本町1145-13
TEL 0875-25-4334
営業時間:11:00~18:30
定休日  :月曜日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

手打ちうどん はりや ~私が”詫間の雀”を名乗ったルーツのお店~ @ 香川県高松市

 2016-03-13
話せば長いことながら、余計な与太話を省くとほぼ1分以内で語れる思い出
あの頃、私も若かった
確か、「はりや」の大将とは同じ齢やったと思います

   はりや店1

この日、それこそほぼ10年振りにお店に伺いましたが、お店は相変わらずの人気ぶり
OPENの15分前に訪れたのですが、既にお店前には長蛇の列
更に、車が続々と到着し、30台近くは停められる駐車場も、あっという間に満車となり、その後に続く訪問者さんは、まず、車を停めるスペースの空き待ちをしなければならない程の人気です

   はりや店2 はりや店3

はりやさんのその人気振りが伺えるのが、県外ナンバーの車だけではなく、ほぼ半分が香川ナンバーの車であった事
つまり、地元の方(特に年配)の支持を、しっかりと取り付けている事
大将をはじめ、お店の皆さんがとても柔らかい雰囲気で、特に大将がお客さんを良い意味でいじりながら応対してくれるのは、遠方から来たお客さんにはたまらない事でしょうね
そうそう、天ぷらを揚げているお姉さんが、今も変わらず名人芸を見せてくれている事に、もうひとつの感激を頂きました



頂くまでに約1時間、迷うことなく待望の「いか天ざる」を頂きました

   はりや5

まず、並んだ甲斐が報われるかのような、この肝を奪われるボリューム
そして、うどんの瑞々しさ

   はりや1

久方ぶりに頂いて、その変わらない美味しさに感激ひと塩です
この日、お客さんのほぼ9割が「ざる系」を注文しておりました
はりやさんのうどんの特徴は、なんと言ってもこのうどんの滑らかさ
少し柔らかさを感じるこの弾力感の絶妙さが特徴です
見ていると、大将がうどんを盛り付ける時、さっとしか水気を払わずに器に持っているのが、ひとつの特徴なんでしょう
このうどんは、頂いた瞬間も美味しいですが、食べている内に上手に表面の水気が奪われ、少し乾いてきた時に最高潮を迎えるうどんです

そして、この甘味のあるこのつけ出汁

   はりや3 はりや4

この弾力感のあるうどんとのマッチングに辿り着いた大将の感覚に脱帽です
これが、通常のお店で頂く少し辛目のつけ出汁とでは、この関係は成り立ちません
嬉しいことに、細葱薬味との相性がこれまた良く、これが太で薄くスライスされた葱とでは、この美味しさは引き立たないと思います
頂く瞬間は基より、少し時間が経っても、うどんとこのつけ出汁との相性は、多くの人を虜にする絶妙の関係だと感じました

そして、もうひとつの大きな特徴がこの天ぷら
衣をカリッカリッに揚げるのではなく、どちらかと言うとしっとり目に揚げており、つけ出汁を良く吸うんです
多分、油は関西系のあっさり目のを使われているので、衣が味を主張するのではなく、つけ出汁に身を任せる感じ
関西では、どちらかと言うとしっかりと揚げるゲソ天に良く出会いますが、なかなか頂くことの出来ない柔らかいゲソの香りと相俟って、お箸の進む事進む事
ほふほふさながら、いくらでも食べられるこの食べやすさも人気の理由なんでしょう
今、思い出してその味が甦ってくる、美味しい一品でした
相変わらず、素晴しい一品でした

お店を出ても、相変わらずに人気ぶり
「唐庵」さんや「与喜饂飩」さんの話で、ひと塩盛り上がりお店を後にしました


そうそう、こいなんにも出会いましたよ

   列車2

   列車1

「手打ちうどん はりや」
香川県高松市郷東町587-174
TEL 087-882-3301
営業時間:11:00~麺切れ終了
定休日  :日曜、祝日

うどん好きの皆さん クリックをお願いしま~す♪
    ↓   ↓   ↓    
  20081105092814s[1] にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

詫間の雀2

Author:詫間の雀2
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

FC2カウンター
現在の閲覧者数:

にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

にほんブログ村
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

人気ブログランキング

食べ歩き ブログランキングへ
クリックをお願い致します~♪
m(_ _)m

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショッピング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR

天気予報

-天気予報コム- -FC2-